その他

気分がリフレッシュできるハーブティーを選んで、ほっと一息!選び方やおすすめをチェック!

気分がリフレッシュできるハーブティーを選んで、ほっと一息!選び方やおすすめをチェック!

『ハーブティーを飲んでみたいけど、今まであまり飲んだことがないので、どうやって選べば良いかわからない…』

確かに、女性に人気のハーブティーはさまざま種類があるので迷ってしまいますよね…。

そこで本記事では、ハーブティーの特徴や種類、選び方を挙げていき、最後におすすめのハーブティー5選をご紹介します。

ハーブティーを探している方は、ぜひご覧ください。

CONTENTS

  1. ハーブティーの特徴
  2. ハーブティーを飲むとどうなるの?
  3. ハーブティーの種類
  4. ハーブティーの選び方
  5. おすすめのハーブティー5選をご紹介!
  6. まとめ

ハーブティーの特徴

さまざまな風味が楽しめるハーブティーは、西洋で古くから親しまれています。

葉や茎を乾燥させて、お茶にしたものです。ハーブティーの種類によって効能が異なりますので、風味だけでなく効能で選ぶという方もいます。

ただ、一度摂取したからといってすぐに効能を得られるわけではありません。約3ヶ月ほど摂取し続けて習慣にしていくことで、徐々に効能を感じてくるでしょう。

ハーブティーを飲むとどうなるの?

寒い日や疲れている時にハーブティーを飲むことで、身体が温まりリラックスタイムが過ごせます。

その時によってフレーバーを変えて飲めば、味に飽きることなく毎日でも飲めますよ。

また、リラックスタイムを過ごすために飲むのか、肌や身体への効能のために飲むのかでも選び方は変わっていきます。このようなハーブティーの種類や選び方などは下記で解説していきます。

ハーブティーの種類

ここでは、ハーブティーの種類を解説していきます。

ハーブティーには、ティーバッグタイプと茶葉タイプの2種類があります。下記でそれぞれの特徴や違いを挙げていきます。

ティーバッグタイプ

ティーバッグタイプは、ティーバッグを入れたカップにお湯を注ぐだけで簡単に完成します。

ゆっくりとお茶を淹れる時間がない時や工程が多いと面倒という方におすすめです。また、価格は安い傾向があります。

茶葉タイプ

茶葉タイプは、ティーポットに茶葉を入れて、お湯を入れたら数分間蒸らす時間が必要です。

少し手間がかかっても、ハーブ本来の香りや風味を楽しみたい方におすすめです。ただ、ティーバッグタイプに比べて価格が高い傾向です。

ハーブティーの選び方

ここでは、ハーブティーの選び方を解説していきます。

ハーブティーには、ハーブの効能や味などのさまざまな選び方があります。どのような選び方があるのかを下記で見ていきましょう。

ハーブティーの種類で選ぶ

上記でも挙げたように、ハーブティーには、ティーバッグタイプと茶葉タイプの2種類があります。

手軽に飲みたいのか、じっくりと時間をかけて風味を楽しみたいかで選ぶと良いでしょう。

ハーブの効能で選ぶ

風味で選ぶのも良いのですが、ハーブの効能で選ぶのも大切です。

ハーブの種類によって身体への効能はそれぞれ異なります。下記でハーブの種類と効能を見ていきましょう。

  • ルイボス:すっきりとした風味。ノンカフェインなので妊婦さんやお子様、寝る前にもおすすめ
  • カモミール:りんごのような甘い風味。リラックスタイムを過ごしたい方におすすめ
  • ペパーミント:爽やかな風味。朝に飲むことですっきりとした気分になれる
  • ラベンダー:上品な香りで寝る前に飲むことで、落ち着いた気分になれる
  • ジンジャー:生姜によって身体が温まるので、冷え性の方や寒い日におすすめ
  • ローズヒップ:美容にこだわりたい方やビタミンCを摂取したい方におすす。ノンカフェインのものが多い
  • ラズベリーリーフティー:ビタミンB1やカルシウム、鉄などが配合されているので、栄養が偏りがちな女性に嬉しい成分。

このようなハーブの種類があります。効能で選びたい方は、ぜひどのような効能があるのかをチェックしてから購入すると良いでしょう。

ストレートティー or ブレンドティーで選ぶ

ストレートティーは、ハーブ本来の風味が楽しめるものです。使用されているハーブの効能そのものを感じられるのが特徴です。ハーブ専門店などでしか入手できないものが多いため、なかなか見つからないことも。

一方でブレンドティーは、2つ以上のハーブを混ぜ合わせて作られているものです。飲みやすい風味になっているものが多いので、ハーブティー初心者にはブレンドティーがおすすめです。また、価格が安い傾向なので、始めやすいですね。

風味で選ぶ

長く続けるには、美味しいと感じるハーブティーを選ぶのも大切です。

ハーブティー初心者や甘い味が好きな方は、甘草や甘茶などの甘味が多いハーブを選べば、砂糖を入れなくても甘さが楽しめますよ。

また、フルーティーなものが良いのか、フローラルなものが良いのかで選ぶのも良いでしょう。

オーガニックかで選ぶ

毎日飲み続けるには、品質にもこだわりたいところですね。

合成香料や合成着色料、農薬などが入っていないオーガニックのハーブティーを選んでおけば安心です。

カフェインの有無で選ぶ

カフェインを摂りすぎることで、睡眠不足やお腹を壊すなどのデメリットがあります。また、妊婦さんはなるべくカフェインを避けた方が良いと言われていますね。

そのため、ノンカフェインのハーブティーを選ぶのもおすすめです。

特にルイボスやローズヒップなどは、ノンカフェインのものが多いので、チェックしてみると良いでしょう。

おすすめのハーブティー5選をご紹介!

ここからは、おすすめのハーブティー5選をご紹介していきます。

上記で挙げているように、ティーバッグタイプや茶葉タイプのもの、そして、さまざまな効能のハーブティーをご紹介していきます。

ハーブティーを探している方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

Kibi ハーブティー

3つのハーブの種類から選べるティーバッグタイプのハーブティです。

ストレスケア・美容・女性特有の悩みの3種類があります。ご自身の身体の状態に合った種類を選ぶと良いでしょう。

下記で3つのハーブティーのそれぞれの特徴や違いを挙げていきます。

Clea

ストレスケアやリラックスしたい方におすすめのブレンドハーブティーです。

ハーブティーを普段あまり飲まない方でも飲みやすいブレンドタイプ。

スペアミントの清涼感のある香りと、ほんのりとした甘さでスッキリとした味わいを楽しめます。

また、他のハーブとブレンドしたり、ミルクやフルーツなどと合わせたりしても良いので、さまざまな味わい方が楽しめるのが嬉しいですね。

スペアミントに含まれる成分には、精神を安定させる効能があります。イライラとしている時や不安がある時に、心を鎮めてくれます。 

Kirara

美容に最適なブレンドハーブティーです。

ハイビスカスを中心とした美容に嬉しいハーブをブレンドしています。ビタミンCやカリウムが豊富に配合されています。

酸味だけでなく、ほのかな甘みがあるので飲みやすいのが特徴です。アントシアニンの赤い色が印象的です。

もし酸味が気になる方には、はちみつや砂糖と混ぜることで、さらに飲みやすくなりますよ。

Motico

生薬ヤマトトウキの葉部分を使用した、女性特有の悩みにおすすめなブレンドハーブティーです。

独特な風味とスパイシーな味が特徴です。このクセが病みつきになってリピートされる方が多い傾向です。飲みやすいように、カモミールやペパーミントで味と匂いを調整しています。

一口飲んだだけで体がポカポカしてきます。トウキの根部分は漢方処方薬として、女性特有の不快な症状をケアするために配合されています。

エンハーブ ジンジャー

寒い日でも身体が温まる、茶葉タイプのハーブティーです。

ジンジャーの優れた働きは古くから知られており、紀元前の書物にも記されているほど。

身体の巡りをサポートして、こわばりがちな冬の身体を緩めてくれます。また、食べ過ぎた時や緊張で胃がムカムカしている時にもおすすめです。

和名はショウガです。ぽかぽかとしていて身体の巡りもサポートしてくれます。

なぜ身体がぽかぽかするのかというと、作られる段階で、加熱や乾燥をさせることで、辛味成分である「ジンゲロール」が「ショウガオール」に変化することで、ぽかぽかパワーが高まるのです。

おすすめの飲み方は、ティーカップ1杯(200cc)に対し、ティースプーン1杯の茶葉が適量です。

また、エンハーブには、ジンジャーの他にもたくさんの種類のハーブティーがあります。ストレートティーとブレンドティーの両方があるので、お好みに合わせて選べますよ。

ローズヒップ&ハイビスカスティー

ビタミンCの爆弾といわれているローズヒップ。レモンの20倍ものビタミンCが配合されているんです。

さらに、ビタミンC以外にも、カルシウムやリコピン、鉄分などが豊富に配合されています。ハーブティーで、不足しがちのこれらの成分が摂取できるのは嬉しいですね。

ビタミンCが入っているので、味は酸っぱいのが特徴です。ただ、さっぱりとしていて程よい酸味なので、飲みやすくなっています。

もし酸味が気になる方は、はちみつやガムシロップなどをプラスするとさらに飲みやすくなるのでおすすめです。ノンカフェインなので、妊娠中の方やお子様、寝る前でも飲めますよ。

また、ティーバッグタイプと茶葉タイプの2つの種類から選べますので、お好みの方をお選びください。

生活の木 おいしいハーブティー (フレーバーティー)

ハーブ本来の風味と特徴をそのままに、フルーツやフレーバーを加えることで、名前の通り、美味しく飲みやすさを追求したハーブティー。

全11種類のフレーバーがあるので、下記で香りの特徴を挙げていきます。さまざまな印象の香りがあるので、お気に入りが見つかるはずです。

  • プリンセスタイム:ピーチの香りが可愛らしいハーブティー。甘いピーチの香りと、やさしいハーブの甘味が特徴。
  • エルダーフラワーマスカット:エルダーフラワーの優しい味わいと、マスカットの爽やかな香りが特徴。気分転換をしたい時におすすめ。
  • エキナセアベア:オレンジの香りにシナモンやジンジャーなどのスパイスが入っている。寒い日にゆったりと過ごす時のティータイムに。
  • マヌカハニージンジャー:季節の変わり目にぴったりのハーブティー。ジンジャーやレモングラスをベースに、はちみつのやさしさをプラス。
  • ムーンガーデン:「大地のリンゴ」とも呼ばれるカモマイル。心地よい香りに包まれてリラックスタイムに。リンゴとカモマイルの香りにほのかな酸味をプラス。
  • バタフライピーレモン:蝶々のように軽やかな気分になりたい時に。爽やかなレモンの香りとほのかな酸味を楽しんで。
  • キャラメル&ソルト:キャロブローストのチョコレートを想わせる風味とルイボス配合のやさしい甘みのハーブティー。
  • エルダーフラワーマスカット:エルダーフラワーの優しい味わいとマスカットの爽やかな香りで、気分転換をしたい時におすすめ。
  • ハッピーセレブレーション:甘い香りとハイビスカスの酸味。シナモンがアクセントとして入っている。フルーツやハーブの美味しさが詰まった幸せのお茶。
  • ローズガーネット:ローズはクレオパトラの時代から、世界の美女に愛されてきた花。ローズの香りとザクロ、ハイビスカスの酸味を楽しんで。

大山スマイルファーム『国産有機ハーブティー(レモングラス)』

鳥取県有機JAS認定の農家 大山スマイルファーム製のレモングラスハーブティー。

無農薬・無化学肥料・無家畜ふん肥料栽培で育てたレモングラスを100%使用しています。レモンのようなさわやかな香りのお茶です。

ひも付きの三角ティーバッグ包装です。ひもが長めなので、カップ・ポットのどちらにも使えます。

フレーバーは3種類あります。今回ご紹介したレモングラス以外には、甘い香りとスパイシーなコクがある『ホーリーバジル』や、癖のないやさしい香りでリラックスタイムを過ごせる『エキナセア』というフレーバーがあります。

ノンカフェインなので、就寝前にも飲みやすいのが嬉しいですね。

まとめ

本記事では、ハーブティーの特徴や種類、選び方、おすすめのハーブティー5選をご紹介しました。

ハーブの種類によって、さまざまな効能が期待できるハーブティー。

ぜひ本記事を参考にして、ご自身に合ったハーブティーを選んでみてくださいね。

この記事を書いた人

片平 奈菜

日本化粧品検定協会 コスメコンシェルジュ®︎資格・コスメライター®︎資格を持つ美容ライター。エステティシャンと美容部員の経験を活かし、20~40代向けの美容メディアでスキンケアやメイク関連の記事を執筆・監修している。